新作アプリゲーム「ドラゴンボール レジェンズ」!その魅力やゲーム性とは…?プロデューサーに直撃インタビュー!
2018/03/22 10:00

3月22日に、詳細が判明した新作アプリゲーム「ドラゴンボール レジェンズ」。
本作のプロデューサーであるバンダイナムコエンターテインメントの池田慶悟さんに、そのゲーム性や企画の立ち上げ経緯に付いて詳しくお話を聞いてきたぞ。

ーー「ドラゴンボール レジェンズ」の企画立ち上げの経緯を教えてください。

池田:現在配信しているアプリゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」ですが、その運営を開始して以来、全世界のお客様から様々なお声やご要望を頂くようになりました。そういった声や要望を反映した新作アプリを制作しようと構想して、企画はスタートしました。
立ち上げ時の方針は“全てにおいて、スマートフォンで実現できる限界に挑戦する”でした。
こだわりにこだわった結果、プロジェクトスタートから告知まで、2年半以上がかかってしまいました。スマホで3Dのグラフィックスがどこまで動くのか、操作性はどこまで落とし込めるかなど、技術検証だけでも1年以上かかっています。

――企画立ち上げ当初と、スマホの性能は変わっていったのではないでしょうか?

池田:その点はとても大変でした。スペックが向上していくんですよね。作り初めの頃は、トップクラスの性能を持つスマートフォンにターゲットを合わせて作り込んでいったのですが、それが2年半経つと標準になってきていたりするんです(笑)。

――それでは、「レジェンズ」のゲーム性や特徴を教えてください。

池田:『ドラゴンボール』らしいアクションバトルが、片手持ち・指一本で遊べることが最大の特徴です。簡単な操作で爽快なアクションバトルを楽しむことができます。


また、全世界のプレイヤーと対戦できることも特徴の1つです。最新の技術で、スマートフォンの回線でも全世界のライバルたちと自由に対戦することができるんです。
そして開発チームが『ドラゴンボール』への愛で満ち溢れているので(笑)、最低レアリティのキャラでもグラフィックが凄くかっこよかったり、バトルで大活躍できたり、知らないうちに特定の条件でのみ発生するボイスが実装されていたり、1キャラごとに込められた愛はスマートフォンゲームのなかでも屈指だと思っております。キャラの育成要素も充実しているので、お気に入りのキャラクターをトコトン育成できます。「ドドリアさんで世界最強を目指す!」なんて遊び方も面白いかもしれませんね(笑)。

――『ドラゴンボール』らしさを追求した点はどのようなところでしょうか?

池田:バトルのスピード感です。家庭用ゲームのような激しいアクションゲームをスマートフォンで再現しようとすると、どうしても操作が複雑になってしまいがちです。そういった複雑な操作をいかに簡略化しつつ、操作感を失わせないようにするのに苦労しました。
また、キャラのグラフィックもこだわっており、キャラだけでなく、背景に原作アニメのシーンを想い起こさせるようなグラフィックを配置したり、ギミックでシーンの流れをイメージできるようにこだわっています。
あと細かいこだわりですが、負けても経験値をもらえてキャラクターが強くなります。戦いを通して強くなるドラゴンボールの戦士たちを少しでも再現したくて実装しました。

――「レジェンズ」という名前の意図は何でしょうか?

池田:“伝説の戦士たち”という意味をもたせています。オリジナルストーリーが「様々な時代から戦士たちを集め、最強を決める大会を何者かが開催する」というものなので。

――池田さんの好きなキャラクターは誰でしょうか?

池田:元々はベジータのファンでした。「レジェンズ」担当になってからはパイクーハンとナッパに夢中です。パイクーハンを好きになった理由は…ゲームをプレイしていただければわかっていただけるはずです。ナッパは、とある技がとても特殊で、当てるのが難しく避けるのも難しい技があり…さらにグラフィックのギミックがすごく面白かったんです。開発チーム内にナッパ好きがいるので、影響を受けてしまいました(笑)。
プレイヤーの方から、「レジェンズ」をプレイしてからこのキャラクターが好きになった、という声が聴けたら、開発チーム一同とても嬉しいです。


――アプリゲームとして「ドッカンバトル」が配信されていますが、どのような差異を目指したのでしょうか?

「ドッカンバトル」は”懐かしさ”をテーマに置いています。そのため、見た目はカードダス風の絵柄や、昔の家庭用ゲーム機を彷彿させる「2Dバトルグラフィック」などで表現しています。またゲーム性がシンプルですよね。どこでも誰でも手軽に遊べるように1人用プレイをメインとして、ワンタップ操作での必殺技をド派手に放ち、強敵たちを倒していく内容となっていると思います。
対して「レジェンズ」では“新しさ”と”操作感”を重視しており、要望の多かったボイスや対戦といった要素を盛り込んでいます。「キャラを動かしたい」「闘いたい」といった方々により一層楽しんでいただけるのではないでしょうか。

「ドッカンバトル」とは異なる体験を目指す「レジェンズ」ですが、ともに『ドラゴンボール』としての体験が提供できればと思っております。

ドラゴンボールレジェンズ
☆ジャンル:ワンフィンガーカードアクションバトル
☆配信開始日:今夏配信予定
☆価格:ダウンロード無料 一部アイテム課金制
☆配信プラットフォーム:App Store、Google Play
☆配信:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
☆共同開発:株式会社ディンプス

公式サイト:https://dble.bn-ent.net/jp
公式Twitter:https://twitter.com/db_legends_jp

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※画面は開発中のものです。