映画『ドラゴンボール超』公開記念コラム・DBMFL(ドラゴンボールムービーフロントライン)第2回!! 劇場版レビュー開幕!
2018/05/06 09:00
特別映像が公開され、全世界から注目を集める最新劇場版・映画『ドラゴンボール超』!! 楽しみすぎて、今から12月の公開まで待ちきれない!! というわけで最新作公開まで、映画に関する情報を毎週追いかけていきます! 
まずは、過去に上映された全19作品の劇場版シリーズについて、ドラゴンボールオフィシャルサイトの『ドラゴンボール』大好きライターがレビューしていきます!! 今回は劇場版シリーズの記念すべき1作目『ドラゴンボール 神龍の伝説』をピックアップ!
『ドラゴンボール 神龍の伝説』


『ドラゴンボール 神龍の伝説』は、1986年の冬休みに「東映まんがまつり」として上映された劇場版シリーズの記念すべき1作目です! 1番最初の劇場版作品とあって、気合いの入った作画にオープニングからワクワクが止まりません!

敵として登場するグルメス王は、美味しいものを食べるためにドラゴンボールを集める悪いヤツ。美味しいもに目がない…って、ちょっとビルス様とウイスさんに通じるものがありますね(笑)。でもビルス様と違うのは、己の私欲のために国民を犠牲にしまくっているところ! これには少年・悟空も黙っていません。グルメス王国を救うため、勇敢にグルメス王の城へと乗り込んでいくのです! そこにはブルマやウーロン、ヤムチャなどの初期メンバーもいて、お馴染みのやりとりにクスリと笑えるシーンも満載です。


そして最近巷で大人気のヤムチャが、この映画では大活躍!! めちゃくちゃ強くてかっこいいんです。悟空とのバトルでは、竜虎相搏つと言っても過言ではないほど! 悟空は如意棒を、ヤムチャは盗賊時代の剣を使ってアクロバティックで軽快なバトルシーンが展開します。そしてヤムチャの必殺技、狼牙風風拳に悟空はジャン拳で応戦!
今ではとっても新鮮に感じる悟空とヤムチャのガチバトル、手に汗にぎる面白さでした! 


また、悟空の初期の戦法といえば如意棒を武器に闘う拳法スタイルですよね。この映画では悟空の如意棒シーンの演出にも気合いが入っていてかっこいいんです! 
そういえば最新・劇場版『ドラゴンボール超』のポスターでは、如意棒を手にまっすぐ前を見据えて立つ悟空が印象的ですよね。これは、初期の如意棒を使ったバトルを期待しちゃっても良いんですかね…!?


しかし、昔の神龍へのお願いって「美味しいものが食べたい」とか「素敵な恋人がほしい」とか「ギャルのパンティお~くれーっ!」とか、願い事が平和で観ていてちょっとホッコリしちゃいます。今ではたくさんの人たちを生き返らせまくって大忙しの神龍ですが…。
そんなワクワクドキドキ、そしてすこしホッコリな、記念すべき劇場版第1作目、『ドラゴンボール 神龍の伝説』のレビューでした!

映画『ドラゴンボール 神龍の伝説』
★公開:1986年12月
★スタッフ:
原作:鳥山明
脚本:井上敏樹
監督:西尾大介

東映アニメオンデマンドにて好評配信中!
https://taod.jp/


■関連タグ
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション