DBMFL第25回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のキャラクターデザインと作画監督を担当する新谷直大さんの仕事場公開&キャラクター設定画を一挙公開!!
2018/08/26 09:00

前回お話を聞いた、新谷直大さんのお仕事をもっと知りたい!
キャラクターデザイン&作画監督のお仕事を、どのような場所でされているのか…それに、キャラクターデザイン画をもっと見たいですよね!

新谷直大
しんたになおひろ
TVアニメ『ONE PIECE』や映画『プリキュアオールスターズNewStage3』など、数多くの東映アニメーション作品の作画を務める。
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』では、作画監督とキャラクターデザインに抜擢された。

新谷さんの机にあったものは…!?


こちらが新谷さんが作業している机です。
左側にはPCの画面があり、いろいろな設定画が開かれているのがわかります。
右側の棚には、原画を描く紙が。
そして、机の上にあるのは!


新谷さんがちょうど作業をしていた原画です。
ふむふむ、青でアタリを描いたあとに、黒で原画を描いているのがわかります。
新谷さんによると、これは映画の序盤のシーンだそうで…って、みなさんこのキャラ、気になりますよね!
その答えは…この記事の最後に!

その横には、完全版のコミックスがありますね。


新谷さんによると、鳥山明先生の原作マンガをかなり参考にしているそうで、コミックスは手ばなせないんだとか。


さらに机の後ろにある棚の上には、『ドラゴンボール』のフィギュアがずらり。
もらったものだそうですが、好きだから並べてるわけじゃないんだそう。
こちらも、作画の参考資料として置いてあるんです。
確かに、立体物ならば、いろんな角度から見ることができますからね。

今はキャラクターデザインは終わり、もっぱら作画監督としての作業がどんどん佳境に入ってくるそう。
作画のみなさんが描いていたものを、チェックして修正して…という作業が、えんえん続いていくそうです。
作画枚数も、映画なので膨大な量だそう…そういう地道な作業があって、1本の映画が出来上がっていくんですね!

ではここで、新谷さんの描かれたキャラクターデザイン画を公開!
発表されているキャラデザの中で、ドラゴンボールオフィシャルサイトではまだ公開していないものを、すべて公開いたします。
最後には、初公開のものもあり!




まずは、破壊神ビルス、天使ウイス、そしてピッコロです。
ウイスさんは最新の予告で、悟空に問いかけるセリフがありますよね!
ビルス様も同じシーンにいるのでしょうか?
気になるのはピッコロさん。いったいどんなシーンで出てくるのでしょう!



こちらは、悟空とベジータの防寒着です。
今回の映画では、予告でも出ている極寒の大陸に行くときの衣装ですね。

お次は、ベジータの設定画を一気に公開です。





なんと! 新作映画ではベジータが、超サイヤ人ゴッドになってしまうんです!
どんな闘いがみられるのか、今からワクワクですよ。

お次はフリーザ軍のみなさん!





フリーザ、パラガス、キコノ、ベリブルです。
そしてキコノは、『銀河パトロールジャコ』のコミックスに収録された『DRAGON BALL-(マイナス) 放たれた運命の子供』に登場しているんですよね!


この時は、名前は出ていませんでしたが、惑星ベジータを破壊したフリーザのそばにいました。
設定画を見ると、この時よりしわが増えているので、老けているようですね。

ベリブルも、フリーザ軍の一員で、フリーザの世話役を務めているそう。
予告編での不敵な笑みが印象的です!


これまで公開したキャラクターは、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』公式サイトのキャラクターで紹介されているので、そちらもチェックです!

さて、最後に…!?


この巨大な虫のような怪物です!
舌が伸びて攻撃してくるのでしょうか!?
いったいどんな怪物で、どんなシーンに登場するのか、12月の公開を待ちましょう!


次回のこのコーナーでは、美術を担当している草薙の小倉一男さん、須江信人さんへのインタビューをお届けします! お楽しみに~!

■関連タグ