『スーパードラゴンボールヒーローズ』9周年記念イベントをレポート!!
2019/12/27 12:00
2010年にデジタルキッズカードゲームとして稼働した『ドラゴンボールヒーローズ』。2016年11月より『スーパードラゴンボールヒーローズ』として生まれ変わり、稼働から9周年を迎えた今年10月には、バンダイ本社にて9周年記念イベントが開催されたのでした!
ステージでは最新情報の発表とプロモーションアニメ最新話の最速上映、そして孫悟空役の野沢雅子さん、トランクス役の草尾毅さんを招いてのトークショーも行われ、さらにカード累計9億枚突破の発表などで大いに盛り上がりをみせました!


この日のメインイベントは、「ゴッドチーム決定戦」決勝大会決勝戦と、「日本一決定戦」小学生以下クラスと年齢制限なしクラスの決勝戦。その闘いの模様を、レポートいたします。

まずは「ゴッドチーム決定戦」決勝大会。
ゴッドチーム決定戦は3人一組によるチーム対戦。各チームの先鋒、中堅、大将が激突し、先に2勝したチームが勝利となる。ヒーローアバターカード以外に、チーム内で同じカードを使用することはできず、3人のバランスを重視するか、1人に戦力を集中するかという戦略が勝利のカギを握るのです。
また、決勝大会と決勝戦は先鋒、中堅、大将が同時にバトルを行うため、各メンバーにかかるプレッシャーは相当なものになります。チームの呼吸と戦略がものをいう、緊張感あふれる闘いです。
この日は8月の店頭大会、9月の地区代表決定戦と地方代表決定戦を勝ち抜いた選り抜きの8チームが集結。午前中のトーナメントに挑み、午後の決勝戦に駒を進めたのは…。
「成龍組」
「A.M.B」。

両大将が語る意気込みからもバチバチと火花散る両チームは、そのバトル内容も熾烈を極めました!
まず大将戦で1勝を挙げたのは成龍組。
「人造人間8号」「チチ:少女期「孫悟空:少年期」による防御作戦が功を奏し、ゴッドかめはめ波で快勝しました。しかしA.M.Bも負けてはいない! 先鋒戦で巻き返し、優勝の行方は中堅戦に委ねられたのです。
その中堅戦のハイライトとなったのは3ラウンド。
ゴッド玉MAX状態で攻めまくる成龍組が一気に体力を削り切り、そのまま勝利か…と思われたその時、まさかの「復活チャンス」が発生。これはKOされた際、確率で稀に発生するまさに奇跡! チームA.M.Bはこのチャンスをいかし見事復活に成功。勝負は4ラウンドにもつれ込む。残り体力は成龍組4510に対し、A.M.Bは1。先攻を取った方が圧倒的に有利な状況となり、両チームがフルアタック。わずかな戦闘力の差で、A.M.Bが先攻を奪取し、ミラクルパーフェクトを呼び寄せて押し切りました。


優勝はチームA.M.B。しかし敗れた成龍組も、見事なチームワークと気迫あふれる闘いを見せてくれました。その実力とチームワーク、誇りは誰も文句のつけようのないものでした!


続いては日本一決定戦。
全国47都道府県で催された「店舗大会」や大型店舗で実施された「大型イベント大会」、特定のミッションでランキング上位を目指す「ランキングバトル」を経て、ジャンプビクトリーカーニバル2019の東京&大阪会場で頂に立った東西最強のヒーローが雌雄を決する、まさに2019年最強にして最後のチャンピオンを決する闘いとなりました。

まずは小学生以下クラス決勝戦。
東日本代表はリクト選手。
西日本代表はトモカズ選手。
両者とも気迫と感謝のこもった意気込みの後、いよいよバトルがスタート。

トモカズ選手デッキ
HGD4-18 タンバリン
UM7-071 ゴジータ:BR
UM8-SEC2 ゴジータ:ゼノ
UM9-048 時の界王神
UM9-SEC3 暗黒王メチカブラ
HUM4-22 ヤムチャ
魔人族アバター エリート

リクト選手デッキ
HGD4-18 タンバリン
UM8-059 ラグス
UM8-SEC2 ゴジータ:ゼノ
UM9-SEC3 暗黒王メチカブラ
UM10-047 ベジータ王:ゼノ
HUM4-22 ヤムチャ
魔人族アバター エリート

1ラウンドはトモカズ選手が先攻。2連続のアタック成功で、着実にダメージを与えていきます。時の界王神の災厄のゴッドメテオで、2ラウンド目の戦闘力を抑える作戦。対するリクト選手も2連続アタックを成功!
2ラウンドはトモカズ選手がバトルアプリを使用し、リクト選手の戦闘力を抑えていました。やはり先攻を狙う作戦。トモカズ選手が先攻。ミラクルパーフェクトも発動し、時空転送や必殺技でダメージを与えて行く。対する後攻のリクト選手は、トモカズ選手の巧みなディフェンスによってなかなか大ダメージを与えることができません。
そして運命の3ラウンド。
リクト選手はここでバトルアプリやアビリティによる、気力ダウン作戦を慣行。フルアタックとロックオンによって、必殺技と気絶を狙いに行きます。
このラウンドで先攻を取ったリクト選手は、ダメージ軽減効果の無効化も施し、勝負を決めに行く! ここで怯まないのがトモカズ選手。白熱のチャージインパクト(ボタン押し勝負)にことごとく勝ち、受けるダメージを抑える。超戦士たちの猛攻をギリギリでさばいていく姿は、さながらマタドールのようです。
だが、リクト選手には奥の手がありました!
それは攻撃後に発動する超ゴッド玉と、そして究極龍拳による固定ダメージ。さすがのトモカズ選手も、こればかりは回避しようがなく…そのままリクト選手に軍配が上がりました!


小学生以下とは思えないとてつもなく高い技術と戦術の激突。
チャージインパクトの技術で勝るトモカズ選手を、リクト選手の戦術が紙一重の差でかわし切ったすさまじい決勝戦でした!


そして年齢制限なしクラス決勝戦。
東日本代表はテモルト選手
西日本代表はハルキ選手

2人はかつて闘ったことがあるらしく、大阪大会決勝後のコメントでは、ハルキ選手はテモルト選手との再戦を強く望んでいました。いよいよその因縁に決着の時が来たのです!

テモルト選手使用デッキ
HGD4-18  タンバリン
HGD10-46 ゴワス
HGD10-SEC 魔神ドミグラ
UM7-058 スーパーオレン
UM9-SEC3 暗黒王メチカブラ
UM10-058 究極カミオレン
フリーザ一族アバター ヒーロー

ハルキ選手使用デッキ
HGD4-18 タンバリン
SH2-SEC セル:ゼノ
UM4-032 ゴハンクス:ゼノ
UM4-070 ヤムチャ
UM10-058 究極カミオレン
PSES6-04 ミラ
界王神アバター エリート

1ラウンドはテモルト選手が先攻!
ハルキ選手は1000以上のダメージを受けないセル:ゼノのみをアタッカーにして、万全に防御態勢。テモルト選手はバトル後にゴッドメテオを発動。2ラウンドへの布石を置きました。

2ラウンド開始時、ハルキ選手はセル:ゼノを巨大化させる。究極カミオレンと共に巨大戦士が並びます。さらにバトルカプセルを発動し、敵の受けるダメージを倍増。大成功したため、テモルト選手の全アタッカーに効果を発揮しました。テモルト選手のタンバリンによる弱体化効果で、ハルキ選手のアタッカーのパワーはガクッと下がります。
まずは先攻テモルト選手のアタック。
ですがここで、ハルキ選手のアバターが「知略のフリーズアタック」を発動。テモルト選手の暗黒王メチカブラによる攻撃を1回避し、同時に超強力な気力ダメージを与え気絶させます。
しかし、テモルト選手はフリーザ一族アバターによるアタックを成功させ、必殺技で大ダメージ。バトルアプリによる固定ダメージを追加。さらにアバターの究極龍拳を成功させダメージを積み上げます。この段階でハルキ選手の体力は10000超にまで削られてしまいました。
後攻のハルキ選手は、アバターのアタックこそ失敗。ですが、巨大化したセル:ゼノのアタック時に、攻撃した相手は、先ほど気絶させた暗黒王メチカブラ。確実に必殺技を当てたハルキ選手は、続けてアバターによる究極龍拳を決めます! この段階でテモルト選手の体力は6070。まさに一進一退の攻防!

そして3ラウンド。ここでハルキ選手がバトルアプリを発動。使ったのはなんと召喚アプリ。ベジット:ゼノが8枚目の「VRカード」として出現します。そのベジット:ゼノに超ゴッド玉を持たせ、ハルキ選手はフルアタック! テモルト選手もフルアタックしますが、戦闘力に差がつきハルキ選手が先攻を取ります。
互いのタンバリンがパワーを削り合う中、勝負の行方はチャージインパクトの成否に委ねられました。先攻のハルキ選手は、一人目のアタックに成功。二人目のアタックは奇しくも先ほど召喚したばかりのベジット。テモルト選手も食い下がり、チャージインパクトを一度は引き分けますが…ハルキ選手が競り勝ちます! 最後はベジット:ゼノの「スピリッツセイバー」が炸裂し、決着が付きました!


デッキ構成だけでも技術だけでもない、まさに頂上決戦。
ラウンド開始時のアタッカーチョイスの「間」一つをとっても、非常に緊張感のあるスリリングな読み合いがある名勝負でした。
また、VRカードを駆使した新たな戦略という新時代の予兆も感じさせられました!


9周年イベントのバトルの模様は『スーパードラゴンボールヒーローズ』公式サイトで観ることができます。次の最強ヒーローをめざすキミも、ぜひチェックしてみてください!

公式サイトはこちら!
http://www.carddass.com/dbh/index.php

スーパードラゴンボールヒーローズ ユニバースミッション11弾
☆稼働予定:稼働中
☆メーカー:バンダイ
☆ジャンル:デジタルカードゲーム
☆価格:1回100円(税込)
※1回につき必ずカードが1枚出ます。

詳細は公式サイトをチェック!
http://www.carddass.com/dbh/index.php

■関連タグ
©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI