『ドラゴンボール超』11巻発売記念!とよたろう先生直撃インタビュー&仕事場を大公開‼
2019/12/03 10:00
DBOSがとよたろう先生の仕事場を直撃取材

ドラゴンボールオフィシャルサイトがとよたろう先生の仕事場を直撃取材! 「銀河パトロール囚人編」の物語やキャラクターの知られざるウラ話を語っていただいたほか、『ドラゴンボール』への愛が詰まった仕事場を探訪させていただいたぞ!
とよたろう先生が語る「銀河パトロール囚人編」誕生秘話!

ーー「銀河パトロール囚人編」がはじまるにあたって、鳥山先生とはどのようなお話をされたのでしょうか。
とよたろう(以下、と):
鳥山先生との打ち合わせでは、原作者ならではの発想に驚かされました。お互いに良い物語になると確信してスタートを切ることができたと思います。今後、明らかになる予定なので詳しくは言えませんが…、新たに登場したキャラクターの秘密など、鳥山先生じゃないと思いつかない設定だと思いますので、楽しみにしていて下さい。

ーー新キャラクターのメルスとモロはどのようなイメージでデザインされたのでしょうか。
と:ジャコや銀河王のデザインが古典的な宇宙人のイメージなので、メルスもちょっとレトロな雰囲気にしました。銀髪のオカッパヘアーでレトロっぽさを出しつつ、人気が出てほしいのでビジュアルは美少年風。耳をとがらせると宇宙人っぽくなるんですけど、銀河パトロール隊員は耳が隠れてしまっているので、その分、鼻をちょっと尖らせて異星人感を出しています。ジャコのスーツは実は素肌ということになっていますが、メルスはちゃんとスーツを着ています(笑)。スーツの横にジャージっぽいラインを入れることで、あえて古臭いデザインにしました。
モロのデザインは完全なる悪をイメージしました。「銀河パトロール囚人編」の敵は、後で仲間になる感じの敵ではなく、絶対に倒さなくてはいけない敵にしたかったんです。初代のピッコロ大魔王のように、見た目からしてみんなが「倒さなきゃ!」と思うような敵を作りたかったので、西洋の悪魔のモチーフであるヤギをベースに考えていきました。服装も死神っぽいイメージを出しつつ、とにかく悪いやつという方向に振り切るようにして考えたキャラクターですね。

ーーモロを描くときに気をつけていることは?
と:ポイントは角ですね。普通のヤギの角ではなく、先端がクルッと曲がった複雑なデザインになっています。自分でデザインをしたものの、描いてみるとすごく難しくて、ちょっと後悔しています(笑)。立体物を参考にしないと、細かい部分でバランスが取れないので、色々なヤギの模型を探したんですけど、しっくりとくるものがなくて。これはもう、自分で作るしかないと思い、角の部分を自作しました。最初は買ってきたヤギの模型にねり消しで角を足したんですけど、結局、パテを使って本格的に作りました。この角が完成してからは、角の作画が安定したと思います(笑)。

モロの作画の参考にしている、ヤギの模型(右)。とよたろう先生が自ら角の先端にパテを塗り、モロの複雑な角先を再現している。

モロの作画の参考にしている、ヤギの模型(右)。とよたろう先生が自ら角の先端にパテを塗り、モロの複雑な角先を再現している。

ーー11巻で注目してほしいキャラクターは居ますか?
ヤードラット星人にも注目して頂きたいですね。アニメで登場したデザインと、過去に鳥山先生がデザインした可愛らしとぼけた感じの2パターンが登場します。どちらを出そうか悩みましたが、編集のビクトリー・ウチダさんと相談をして両方出すことになりました。地球にもいろんな人種がいるじゃないですか。そんな感じで、いろんな種類のヤードラット星人がいてもいいかなと。
物語が戦闘のパート入ると、どんどんシリアスな展開になるので、その流れで行くとヤードラット星人もめちゃくちゃ強い仙人のような感じで描いてしまいそうになるんです。そこをぐっとこらえて、『ドラゴンボール』の楽しい部分や可愛らしい部分を出すように意識しました。ここで愛嬌のあるキャラクターを出さないと、ずっとテンションが上がったままになってしまう。ちょっととぼけた感じのヤードラット星人が出てくることによって、戦闘の合間の息抜きのような、楽しい展開になっていると思います。
とよたろう先生のこだわりと『ドラゴンボール』愛あふれる仕事場を大公開!

本棚には『ドラゴンボール』のコミックスや関連資料がズラリ

本棚には『ドラゴンボール』のコミックスや関連資料がズラリと揃えられている。

と:『ドラゴンボール超』を描くのに欠かせないのが、『ドラゴンボール』のコミックスですね。すぐに手にとって見られる場所に置いています。僕が小学生の時に買ったものなので、もう何度読んだかわかりません。

『ドラゴンボール』のフィギュア

と:仕事中の癒やしは、『ドラゴンボール』のフィギュアですね。「S.H.Figuarts」シリーズは、新作が出たら必ず予約をしています。

他のフィギュアもほしいけど、集め始めるとものすごい数になってしまうので、ガマンしているのだとか。でも「HGドラゴンボール ギニュー特戦隊」だけは「どうしても欲しくなって買っちゃった」とのこと。

デッサン用の人形

デッサン用の人形。ポージングの参考に使っているそうだ。マッスルボディで『ドラゴンボール超』のデッサンにはピッタリ!

原稿が汚れないように左手にはめている、自作の手袋

原稿が汚れないように左手にはめている、自作の手袋。ダークな雰囲気がカッコいい!

デジタルメモの「ポメラ」

と:テキストベースに書いたものをネームにしていくので、デジタルメモの「ポメラ」は必需品ですね。

充電が長持ちするので、カフェなど仕事場以外での作業に欠かせないのだとか。

『ドラゴンボール超』発売当時に店頭に飾られていたPOP

『ドラゴンボール超』6巻発売当時に店頭に飾られていたPOP。鳥山先生からのお褒めの言葉がいっぱい詰まっていて、この言葉を励みに頑張っているそうだ。

机のまわりには『ドラゴンボール超』の資料がいっぱい

机のまわりには『ドラゴンボール超』の資料がいっぱい! 椅子に座りながらすべての作業ができる、とよたろう先生仕様に完成された仕事場だ。

DBOSのためにイラスト&メッセージをいただいたぞ!

DBOSのためにイラスト&メッセージをいただいたぞ!

と:11巻では、モロの3つ目の願いが叶えられて、とんでもないことが起こります! そして物語の展開ががガラッと変わります。モロの願いに対して悟空とベジータがどのように対抗するのか、どんな修業をしてモロを倒すための力を手に入れるのか。次にモロと対峙するまでの物語を楽しんでいただきたいです。

とよたろう先生の夢のような仕事場で生み出された『ドラゴンボール超』、待望の11巻は12月4日(水)発売!
モロとの闘いやヤードラット星人の登場など、見どころが満載だ!

Vジャンプ2020年1月特大号
☆2019年11月21日(月)発売
☆特別定価 580円(税込)
Vジャンプ公式サイト http://vjump.shueisha.co.jp/

ジャンプコミックス『ドラゴンボール超』11巻
・原作:鳥山明
・漫画:とよたろう
☆発売日:2019年12月4月発売
☆定価:本体440円+税
コミックスの詳細はコチラ!
https://www.s-manga.net/items/contents.html?isbn=978-4-08-882154-2

©バード・スタジオ、とよたろう/集英社