バンダイとミズノの共同企画で『ドラゴンボール』モデルの野球アイテムが誕生! 夢の商品を作り上げた担当者を直撃! 
2019/12/20 10:00
『ドラゴンボール』と野球アイテムの奇跡のコラボレーション

『ドラゴンボール』と野球アイテムの奇跡のコラボレーションが実現! 『ドラゴンボール』ファンにも野球好きにもたまらない、夢のようなアイテムを作り上げた、バンダイの佐藤さんとミズノの牧野さんに、商品が誕生するまでのエピソードを語っていただきました。

株式会社バンダイ アパレル事業部 佐藤峻介さん(写真左)/ ミズノ株式会社 牧野雅彦さん(写真右)

株式会社バンダイ アパレル事業部 佐藤峻介さん(写真左)/
ミズノ株式会社 牧野雅彦さん(写真右)

ーー野球と『ドラゴンボール』のコラボレーションが生まれたきっかけを教えて下さい。

佐藤:スポーツメーカーのミズノさんと一緒に仕事をしている中で、なにか新しいことをやりたいという話になり、野球の商品担当の牧野さんを紹介していただいたんです。
牧野:実は前々から、ボールに刺繍をする弊社のノウハウを活かして、ドラゴンボールの野球ボールを作ってみたいと思っていたんです。今回、このような機会をいただいたので「ぜひやりたいです、昔からの夢でした!」と佐藤さんに語ったら、ボールだけでなくグラブとか他の野球商品も作ろうという話になりました。そこからはもう、気合いを入れて企画を練りましたね。
佐藤:バンダイとしてはキャラクターのファンに向けたグッズはたくさんあるんですけど、『ドラゴンボール』そのものを広いカルチャーとして捉えたグッズはあまりないんです。2020年はスポーツが盛り上がる絶好のタイミングですし、この企画はやるべきだと思いました。
牧野:コストや権利関係を考えると、作るのが難しいアイテムではありますが、『ドラゴンボール』の野球商品を欲しがっている人は絶対にいると思うので、その手助けをさせていただいたような感じですね。

ーー商品のラインナップはどのようにして決まったのでしょうか?

牧野:ボールとグラブは野球の象徴的なアイテムなので、まずはこの2つを商品化しようと思いました。キャッチャー防具については、私の中には全く構想に無かったんですけど、キャッチャー防具の担当者が「ぜひ、やりたい!」と私に直訴をしてきたんです。デザインについては、あらためてキャラクターの絵を見直していく中で、サイヤ人の戦闘服のプロテクターを作ろうという話になりました。せっかくなのでプロテクターだけではなく、レガースもあればもっとサマになるなと。そんな流れで、ボールに続いてグラブとプロテクター&レガースというラインナップに決まりました。
佐藤:プロテクター&レガースはすごいと思いましたね。本当にベジータが着ているんじゃないかというくらい、ガッチリ守れますからね。
牧野:正直、出来上がってくるまでは不安だったんですけど、完成品を見て「これはイケる!」と思いました。
佐藤:実物は迫力が違いますからね。みなさんにも、ぜひ実物を見てほしいと思います。かなりインスタ映えするアイテムです。
牧野:今回の企画は“実際に野球の試合で使えるもの”ということが最低限の条件だったので、カラーリングもルール上、使える色になっています。フリーザのモデルだけ、ピッチャー専用のグラブとしては使えないので、オールラウンドモデルになっています。
佐藤:ただ、ルール上、使えないポジションや高校野球では使えないなどの細かい規定があるので、そこはご留意頂きたいです。『ドラゴンボール』好きの監督が、全部揃えて甲子園に出場しようとしたら大変だから(笑)。
牧野:そうですね。商品の説明書にきちんと書いておきましょう。
佐藤:「甲子園では使えません」って(笑)。説明書も、ちょっとこだわって、面白い文面にしたいですね。「ブラジルでは使えます」とか?
牧野:そこはブラジルじゃくて「ナメック星では使えます」じゃないですか?
佐藤:それ良いですね! 「天下一武道会で使用できるのは悟空モデルとピッコロモデルに限ります。」とかはどうですか?
牧野:なるほど(笑) そうなると、プロテクターも何か説明を入れたいですね。
佐藤:そうですね、ベジータくらい強くなれると思いかねないデザインですから(笑)
牧野:じゃあ、「サイヤ人のプロテクターとレガースは野球用防具であり、人造人間他、敵からの攻撃は防ぎきれません。」とか。
佐藤:それだ(笑)!

グラブ

ズラリと並んだキャラクターモデルのグラブ。
左から神龍、悟空、ピッコロ、フリーザモデルだ。

キャッチャー道具

サイヤ人の戦闘服をモチーフにデザインされたキャッチャー防具。「これを着て出てきたら、かなりインパクトありますよね」と佐藤さん。

ーーグラブのキャラクターはどのように決められたのでしょうか?

佐藤:それぞれ個性的なカラーのあるキャラクターをチョイスしました。そこから実際に材料の革を見ながら、再現できるキャラクターを決めていきましたね。あとはグラブの裏に刺繍で名言を入れたかったので、名言のあるキャラクターを選びました。僕自身も野球少年だったので、グラブの裏の刺繍には思い入れがあるんです。高校球児はよく「一球入魂」とか入れているんですけど、そこに入るのがキャラクターの名言だったら面白いなぁと、ずっと思っていたんです。神龍の刺繍は特に気に入っていますね。「さあ願いを言え」ですからね。それはもう「勝ちたい」とか「ストライクはいれー!」ですよね(笑)。
牧野:ウェブの部分の刺繍にもこだわりましたね。実はこの部分に刺繍が入っていることは、あまりないんですよ。彫ったり、グラブの革の凹凸で作ることがほとんどなんですけど、ここに大きな刺繍を入れたらインパクトが大きいと思ったんです。「亀」と「魔」はすぐに決まって、あとはフリーザの戦闘力「530000」は外せないということで、この3つでご提案をさせていただきました。みなさん、賛否両論はありましたが、これ以上のものは見つからなかった。
佐藤:キャラクターの顔の刺繍を入れるとか、フリーザだったら「復活」とかいう案も出ましたけどね(笑)。結局、ご提案いただいた案が一番カッコ良かった。あとは、キャラクターの名前も入っているのが面白いですよね。普通は商品のモデル名が入っているんですけど、その部分にいきなり「piccolo」とか書かれている(笑)。その下にミズノさんの「ランバード」のマークが入っているというのが圧倒的な存在感ですよね。ミズノさんのグラブは小さい頃に愛用していて、枕の下に入れて柔らかくしていた頃を思い出して、「夢があるなぁ」と思いました。

ボール

精巧に作られたボールは、本物のドラゴンボールのようにキラキラと光り輝いている。

革の色見本

実際に企画段階で使われていた革の色見本。
みんなでこだわりながら色を選んでいく工程は、とても楽しい作業だったという。

ピッコロの「魔」

ピッコロの「魔」や悟空の「亀」マークは、バンダイが用意したロゴのデータに合わせて、
忠実にデザインされたという。
「実際に購入される方は、「亀」や「魔」のマークにも思い入れがあると思うので、
できる限りこだわりを持って作りました」と牧野さん。

刺繍で刻まれた名言の数々

刺繍で刻まれた名言の数々は、グラブを手にした者の魂を揺さぶるに違いない。

ーー今回のラインナップの中で、お2人のお気に入りの商品を教えてください。

牧野:私はピッコロモデルのグラブですね。色のバランスや「魔」のマークも含めて、全体的なバランスがいいですね。
佐藤:じゃあ僕もグラブで言えば、悟空モデルですね。悟空がめちゃめちゃ好きなので。あとは神龍モデルは良いなと思いますね。『ドラゴンボール』に出てくる緑色ってすごいインパクトがあるじゃないですか。あの色味を出すキャラクターはそうはいない。
牧野:緑のグラブってあまり見ないので、特殊な色ではありますね。グラブとして使える色が限られているので、プロが使うグラブには、この色は入っていないんですよ。基本的にはオーダーでしか作れない色なので、かなり珍しいと思います。

ーーお2人の『ドラゴンボール』の思い出を教えて下さい。

牧野:私は小学生の頃にTVアニメを観ていたので、まさに『ドラゴンボール』世代ですね。親と一緒に観ていて、亀仙人が出てくるとドキドキしました。次は何をしでかすのかと(笑)。好きなキャラクターでいうと、ピッコロですね。どんどん強い敵が出てきても、初期のピッコロのあの強さは忘れられない。正義のヒーローに立ちはだかる強大な壁という印象が、今でも強く残っています。
佐藤:僕は『ドラゴンボール』の“男泣き”が好きですね。ピッコロが悟飯を守って死んだ時とか、ベジータが自爆するシーンとか。「あとはまかせた」という、男の涙がいいですね。マンガでも何度も読み返してしまうところです。あとは、桃白白が柱に乗って飛んでいくシーンは、よく真似をしました(笑)。桃白白が柱を投げるフォームが、完全に野球の投球フォームなんですよ。ちゃんと遠投の投げ方をしている。振り切っていますからね。
牧野:確かに、野球の投げ終わった後を表現しているかのようですよね。
佐藤:桃白白モデルの商品も出しますか(笑)。

桃白白が柱を投げるシーン

インタビュー中に話題となった、桃白白が柱を投げるシーン。佐藤さんが「鳥山先生は野球経験者では?」と発言するほど、完璧な投球フォームだとか。

ーー今後の商品展開を教えてください。

佐藤:さっき桃白白モデルが決まって…いませんね(笑)。まだ願望です。今回のラインナップが波に乗ったら、また違ったベクトルでチャレンジしていきたいと思っています。これを皮切りに、野球だけでなく、『ドラゴンボール』のスポーツの商品を広げていきたいですね。

ーー商品を楽しみにしている読者のみなさんへひとことお願いします。

佐藤:12月21日(土)・22日(日)に開催する「ジャンプフェスタ2020」でこちらのアイテムを展示します。みなさんにお披露目するだけでなく、実際に体感してほしいので、試しに付けていただけるようにする予定です。もちろん飾っていただいてもいいのですが、グラブを買うと「キャッチボールをする」という行為も、もれなく付いてくる。ボールも7つ集めるという、ドラゴンボールならではの楽しみ方ができる。“モノ”としてだけでなく“コト”としても楽しんでいただける商品になっていると思います。

ーー貴重なお話をありがとうございました。

これからどんな新商品が飛び出すのか!? 今後も『DB』×野球のコラボレーションから目が離せません!

商品の詳細はコチラ!
https://bandai-fashion.jp/character/list/?character=c000509&sales_status=ALL

ドラゴンボールZ 軟式野球グラブ(孫悟空モデル、ピッコロモデル、フリーザモデル、神龍モデル)
☆企画:株式会社バンダイ
☆製造元:ミズノ株式会社
☆予約期間:2019年12月20日(金)11時~準備数に達し次第終了(商品お届けは2020年8月予定)
☆価格:各44000円(税込)(送料・手数料別途)

ドラゴンボール 野球ボール 四星球
☆企画:株式会社バンダイ
☆製造元:ミズノ株式会社
☆予約期間:2019年12月20日(金)11時~準備数に達し次第終了(商品お届けは2020年3月予定)
☆価格:6050円(税込)(送料・手数料別途)

ドラゴンボール 野球ボール 7個セット
☆企画:株式会社バンダイ
☆製造元:ミズノ株式会社
☆予約期間:2019年12月20日(金)11時~準備数に達し次第終了(商品お届けは2020年3月予定)
☆価格:41800円(税込)(送料・手数料別途)

サイヤ人 プロテクター
☆企画:株式会社バンダイ
☆製造元:ミズノ株式会社
☆予約期間:2019年12月20日(金)11時~準備数に達し次第終了(商品お届けは2020年3月予定)
☆価格:44000円(税込)(送料・手数料別途)

サイヤ人 レガース
☆企画:株式会社バンダイ
☆製造元:ミズノ株式会社
☆予約期間:2019年12月20日(金)11時~準備数に達し次第終了(商品お届けは2020年3月予定)
☆価格:46200円(税込)(送料・手数料別途)

©バードスタジオ/集英社・東映アニメーション