【前編】話題の超クオリティフィギュア「IMAGINATION WORKS孫悟空」企画開発担当者に直撃!【前編】
2020/07/04 10:00
IMAGINATION WORKS

発表から全世界で話題騒然、新たな挑戦を続けるBANDAI SPIRITS コレクターズ事業部が贈る新フィギュアブランド「IMAGINATION WORKS」。その第1弾「IMAGINATION WORKS 孫悟空」は、いったいどのようにできあがったのだろうか? 気になる裏側を探るため、2人の企画開発担当者に直撃インタビュー! 前編では、新ブランドの成り立ちから、造形、彩色という2つのポイントを、最新のサンプルを前にしてお伺いしました。

IMAGINATION WORKS孫悟空

今回の取材にあたり、実際に商品試作の写真も撮らせてもらいました。
こんなにカッコいい写真がカンタンに撮れちゃいます!


「IMAGINATION WORKS孫悟空」開発と企画担当のお2人


BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部 開発チーム 山田秀勝さん(画像左、以下山田)、
同じくコレクターズ事業部 企画第一チーム 光岡祐希さん(画像右、以下光岡)

――まずはお2人の自己紹介からお願いします。

光岡:2020年4月から「S.H.Figuarts」のアニメカテゴリ担当となりまして、『ドラゴンボール』も担当しています。そして今回の「IMAGINATION WORKS」カテゴリ担当にもなりまして、第1弾「孫悟空」を企画いたしました。『ドラゴンボール』原作マンガ直撃世代ではないのですが、小学生の夏休みにテレビで放送していた劇場版を観て好きになり、コミックスを集めて読んでいました。

――ちょうどアニメが放送されていなかった時期ですね。

光岡;世代的にそうなんですよ。でもたまたま劇場版をテレビで観て、大好きになりました。

――好きなキャラやシーンはありますか?

光岡:ベタですけれど悟空が一番好きで、悟空が初めて超サイヤ人になったフリーザとの闘いは、当時コミックスを読んで、ゾクっとしたシーンでした!

山田:自分は、コレクターズ事業部に入ったのは今年からなんです。その前は、2008年から中国にあるBANDAI (SHENZHEN)で働いていて、コレクターズ事業部のアイテムの開発サポート、金型および生産業務を担当していました。『ドラゴンボール』では「S.H.Figuarts」の最初のピッコロは、僕が向こうで立ち上げを担当して、悟空はもう何アイテム担当したかわからないですね(笑)。実を言うと「IMAGINATION WORKS」に関しては、去年まで僕が中国で開発や試作の担当をしていて、日本に戻ってきて引き続き開発を担当しています。

――『ドラゴンボール』は、世代ですか?

山田:アニメではなく、原作マンガの世代ですね。高校生のころは、週刊少年ジャンプで連載を追いかけて、来週はどうなるんだろうとワクワクしていました。それで仕事でも担当するようになって、悟空をたくさん担当して…やっぱり主人公の悟空には思い入れがありますね。
IMAGINATION WORKS企画のはじまり


IMAGINATION WORKSとS.H.Figuartsの孫悟空。
見てもらえばわかるようにサイズだけでなく、造形、彩色など異なっている部分が多々ある。

――新カテゴリIMAGINATION WORKSはどのように企画されたのでしょう?

光岡:「S.H.Figuarts」は1/12サイズで展開していまして、そのサイズだと造形やギミックなど、盛り込めないものが結構あるんですよ。他社さんでも1/6サイズの3万円以上のシリーズなどが出ていたり、海外でも大きいサイズでクオリティの高いフィギュアがたくさん出ています。我々のヒーローフィギュアも、「S.H.Figuarts」よりも大きいサイズのものがあってもいいんじゃないかと、もう2年前くらいから企画されていました。その成果が、やっと今回形になりました。

――その第1弾が、孫悟空になったのはなぜですか?

光岡:海外のイベントなどの反応を見ると『ドラゴンボール』が一番キャラクターとして強く、その『ドラゴンボール』で、「S.H.Figuarts」とは違う大きなサイズのアクションフィギュアをやってみたい、というところが大きな理由です。今後、他のキャラクターも考えていますが、まずは第1弾としてふさわしいということで『ドラゴンボール』、その主人公の孫悟空になりました。

――5月に発表されて、ユーザーのみなさんの反応はいかがですか?

光岡:想像以上に大きな反響をいただいています! インスタグラムでも『ドラゴンボール』アイテムはかなり反応がいいのですが、今日の朝、初の1万「いいね」を越えました! 海外でも、日本でも、かなり反響は大きかったですね。最初に出したティザーの画像は、暗くてはっきりまだ見せないものだったので、お客さんからは「可動するの?」みたいなリアクションが多くて、期待感をあおることができたのではと思っています。


これが、暗くてはっきり見せていなかったティザー画像。


そしてこちらが、1万「いいね!」をされたインスタグラムの投稿。


――それは、してやったりじゃないですか?

光岡:そうですね(笑)。「やった!」という感じでした。

1/9サイズだからできた細かな造形

光岡:実際に見ていただければ、その良さはわかっていただけると思っています。ですがみなさんに、なかなか実際お見せできる機会は少ないので、「IMAGINATION WORKS 孫悟空」のよさをわかっていただくため、造形、彩色、質感、価値、可動をいう5つのポイントを打ち出しています。

――5つのポイントの中から、まずは「造形」についてお聞かせください。

光岡:造形に関しては、道着の布のような質感だったり、髪の毛の筋だったりというディテールを非常に細かく入れております。やはり1/12サイズの「S.H.Figuarts」だとそういうディテールは反映しきれないのですが、1/9とサイズが大きくなった分、細かなディテールを入れ込みました。


道着部分には、粗い布目のディテールが全面に入っている。

――写真を見せていただいたとき、最初は布なのかと思いました。

光岡:洋服を布で再現しているフィギュアはこれまでもありましたが、この「悟空の胴着」を布で再現する、というのを量産品でクオリティ高く商品化するのは、なかなか難しいんです。単純な服のようなデザインではなく、道着を着たときの下半身のアウトラインの再現をするには、布ではなく造形のほうがキャラクター性に合うんですよね。ということで、悟空の道着は造形で、布っぽく見える質感を取り入れています。

――「S.H.Figuarts」にはない、髪の毛のディテールも入っています。

光岡:「S.H.Figuarts」のアニメカテゴリは最初から、アニメやマンガの印象で作っていますので、それを逸脱するようなことはしていませんでした、ですが最近は、固定フィギュアなどで細やかな造形が求められていると感じます。可動フィギュアも、負けていられないですからね(笑)。大きくなっただけではなく、造形の密度感を増やすことにもこだわりました。是非とも、手にとって見て欲しいですね。


超サイヤ人の髪の毛だけでなく、黒髪にも毛筋が入っている。


グラデーション、ハイライト…技術力を駆使した彩色

――さて次は彩色ですが、一目見て成形色(PVCなどの成形物の色)ではなく、塗料を塗っているのがわかりますね。

光岡:そうですね。同じオレンジの道着の色でも「IMAGINATION WORKS」は何色も重ね塗りしたり、グラデーションを入れることでより立体感を出しています。あとは超サイヤ人の髪色も1色ではなく、頭皮に近いところはオレンジで、そこからグラデーションで黄色になって、先端には白でハイライトが入っております。


超サイヤ人の髪の毛の彩色の美しさは、一見の価値あり!

――本当に、綺麗に塗られていますね!

光岡:ここまで贅沢な塗りのフィギュアは中々ないですよね。塗りの行程は多めで大変ですが、髪の毛の立体感や存在感を出すために必要ということで、あえて茨の道を選びました(笑)。

山田:こういった塗りができるように、髪の毛パーツはそのための分割がほどこされています。

――なるほど。超サイヤ人の髪は、金型から抜くのも大変そうですね。

山田:普通の上下割りの金型では抜けないので、スライド金型(金型をスライドさせて開く方向を変えたり、複数の金型に分割したりして複雑な形状でも抜けるようにしたもの)で作っています。髪の毛は特に難しくて、素材がPVCだと先端がどうしても丸くなってしまうんですけど、いかにシャープにしていくかというところも課題として取り組みました。

――道着部分も、実物を見るとかなりグラデーションが入っていますね。

光岡:そうですね。モールドがあるところに明るい色を入れて、より立体感を出すようにしています。

――道着の色も、靴の靴も、とてもいい色ですね。鳥山明先生のイラストの塗りを思い出します。

光岡:靴もいい色に仕上がりました。あとは、道着の帯も陰影をちゃんと入れて、存在感がかなり出る感じに彩色も仕上げていただいたっていう感じです。

――塗りは手塗りになるんですか?

山田:マスク塗装の部分もありますが、グラデーションなどはフリーハンドになります。コレクターズ事業部のアイテムを担当してくれている生産工場は、技術力の高い職人たちが作業してくれています。普通の工場に持っていっても、「できません」って言われるレベルだと思います。

――サンプルを実際に見て、美しい塗装には感動しました!


と、いうわけで前編はここまで。後編では「彩色」「質感」「可動」という3つのポイントについてお伺いします! 
後編は7月4日18:00公開予定です。

さらに200点を超えるアイテムをVRで見られるオンラインイベント「TAMASHII Features 2020」において、「IMAGINATION WORKS 孫悟空」は展示中!
詳しくはTAMASHII Features 2020公式サイトをチェック!
https://tamashii.jp/features_2020/

IMAGINATION WORKS 孫悟空
☆発売日:2020年10月発売予定
☆発売元:株式会社BANDAI SPIRITS
☆価格:10000円+税
☆対象年齢:15才以上
☆セット内容
・黒髪用顔パーツ
・黒髪用目線パーツ2種
・スーパーサイヤ人用頭部パーツ
・スーパーサイヤ人用顔パーツ2種
・スーパーサイヤ人用目線パーツ3種
・交換用手首パーツ左右各4種
・台座
詳細はこちら
https://tamashii.jp/special/imaginationworks/

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション